人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

歴史・人間学・古典

2018.10.02

組織を動かす力(1)日本ラグビーを変えた男

指導者たる者かくあるべし

 ラグビー監督はコーチである

 スポーツには、その国民性がくっきりと現れる。例えば「監督」という言葉。わが国では、野球、サッカー、ラグビー、柔道、あらゆるスポーツチームの指揮官はこの単語で表される。

 では英語ではどうかというと、大リーグのチームトップは、マネージャーという。現場のチームマネージメントが仕事であることがよく分かる。

 その他、多くのスポーツでは「コーチ」と呼ぶ。一般のコーチと区別するときには「ヘッドコーチ」。勝つための戦術と練習を授けるコーチングが役割であると認識されている。ディレクターチェアにふんぞり返っている権威の象徴である「監督」とはニュアンスが異なる。

 2011年暮れ、ラグビー日本代表のヘッドコーチに、オーストラリアから日系のエディー・ジョーンズが招聘(しょうへい)された。

 

 精神主義を排除する

 エディーには、2015年に英国で開催されるラグビーワールドカップでの上位進出が託された。コーチとして国際舞台で輝かしい戦績を誇るエディーだったが、いささか荷が重かった。それまで、日本代表は、1991年以来、2つの引き分けを含み18戦未勝利だったのだ。

 「日本ラグビーを変えるには、ワールドカップで勝つことしかない」。エディー流にチームを改革する戦いが始まった。

 日本ラグビー、とくに人気の高い大学ラグビーでは精神主義が横行していた。あるチームでは、ライバル校との決戦前に水盃を交わし、その盃を床に叩き割って、グランドへ向かった。グランドでは、ピンチになると、「気持ちを入れろ」と互いを鼓舞しあう。

 「あれはナンセンス」だと、エディーは選手たちを諭した。「そんな“気持ち”は5分か10分しかもたないだろう。ラグビーは80分間のゲームであり、メンタル的にも一貫性をもって試合を継続しなくてはいけない」

 

 すべきことを明確にさせる

 強い精神状態の一貫性を保つためには、ゲームでやるべきことを明確にしておくことが重要だという。その明確さとは?

 「具体的にどのようにプレイするか、そのためにどのように練習するか、チーム内での自分の役割は何か、ということ」。それでも、ゲームへのモチベーションが上がらなければ、チームを去れ!

 「日本人の長所は、我慢強いこと」と、ヘッドコーチ着任後ほどなく見抜いたエディーは、厳しい練習を強いた。目標が明確なだけに、代表選手たちは泣きながら合宿についてきた。

 「まず目的地がある。でも組織においては、誰かが常に先を見てリードしなければ、目的地にはたどり着けない」

 エディは、自らにも明確な目標を課した。

 「2015年のワールドカップでは、まず初戦の南アフリカ戦に勝つ!そして波に乗る」。優勝候補の筆頭に勝つという目標。だれもがその時点で絵空事だと考えていた。(この項、次回に続く)

 

(書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

※参考文献
『ラグビー日本代表監督エディー・ジョーンズの言葉 世界で勝つための思想と戦略』柴谷晋著 ベースボール・マガジン社

 

講師紹介

宇惠一郎(元読売新聞東京本社国際部編集委員)

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。 ※主な著書と受賞歴 「20XX年地方都市はど...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)